続いて、外装部分です。

大屋根は、柔らかいフォルムを出した和瓦ぶきの「むくり屋根」です。

最近は軽い板金屋根が主流ですが、構造材をしっかり作りこんで和瓦を葺いたほうが瓦は長持ちしますので、長い目で見ればコスト削減になっていると思います。

玄関建具は、「もあび材」の一本引き戸袋しまいにしました。

外壁は、リシン吹付としました。サイディングが主流ですが、現場で塗装してもらうのも塗り替えなどができるので後々良いのではと思います。