茶室(東屋)

写真は縁側の屋根部分です。すべて杉の丸太で組み合わせました。

奈良県吉野産の杉の磨き丸太を使い、「ひかりつけ」という丸太同士の丸みを合わせる技法で組み上げました。丸い鑿(ノミ)を使い少しずつ合わせていくものです。

ひと昔前なら、田舎の家の縁側部分には必ずといってもよいくらいあった工法だったのですが、今ではめずらしです。

杉の磨き丸太を使った茶室